電気代の計算方法


ジャンル:生活の知恵

トップ 電気量から電気代を


電気代の計算方法がよく分かっていないと、電気の使用量を意識しなくなりがちでついつい無駄に電気を使用してしまいます。電気代の計算がしっかり頭に入っていると電気の使用量を意識するようになり、無駄に電気を消費しないよう意識が変わってきます。そこでまず最初に電気代の計算方法から説明していきます。

電気料金の計算

電気料金の計算式は

基本料金 + 電力使用量料金 + (燃料費調整額) + 消費税 = 電気代

電力使用量料金は文字通り電気の使用量に応じて課金される料金です。燃料費調整額とは発電燃料の価格に応じて課金されるものです。金額が小さいので計算しやすいよう、以下の計算式では省略します。

 

基本料金

基本料金は電力会社ごとにアンペア制と、最低料金制の2つの仕組みがあります。アンペア制とは契約アンペア数に応じて基本料金が設定されているもので北海道、東北、東京、北陸、中部、九州の6社の電力会社が採用しています。最低料金制とはアンペア数に関係なく設定される料金で一定の電力使用量までは基本料金、それを超えた量には従量料金が加算されるという仕組みです。関西、中国、四国、沖縄の4社の電力会社で採用されています。

それでは東京電力を例にアンペア制について詳しく解説していきます。

契約アンペアとは一度に使用できる最大の電力量のことです。契約アンペアごとに料金が設定されているのですが、ブレーカーの色も契約アンペアごとに異なります。(契約アンペアと色の組み合わせは電力会社によって違うので注意してください。)

電気使用量料金

 

電力使用量に応じて課金される料金で、使用量が増えるごとに単価も高くなります。1kwh単位で計算されます。1kwhとは1kw(電力)h(時間)のことで電力使用量1時間分をさします。40kwhなら40時間分の電力量ということになります。電力契約にはいくつかあって従量電灯Aとか従量電灯Bなどと呼ばれています。なぜ電灯という名前なのかというと、一般の家庭用電力は電灯、工場用などの大規模なものは電力と分けて呼んでいるからだそうです。

口座振替割引

電気料金の支払いを口座引き落としにすることで毎月50円の割引が受けられます。支払いもらくで年間600円もお得ですのでおすすめです。

 



 

PCや生活に便利な情報:他の話題


02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22

23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42